<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ちょっとだけ祭り

このブログを何度かお読みの方は分かると思いますが、このjaozu、なんといっても典型的な「熱しやすく冷めやすい」人でして。
好きになると、とことん好きになっちゃう。で、ほかに興味がいくと、今まではなんだったのみたいな。(苦笑)

ということで、おことわりも入れたことだし、本題に^^

前記事の通り、すっかりアリーナライブの放送で感動してしまったわけでしたが。
そこでハマったのが、ニックンの声。
CDはいつも聴いていたんだけど、とくに関心は向かなかった。
映像で聴いたニックンが歌う声がなぜだかすごく気に入って、ニックンの歌声探しの旅にちょいと出てきました。

そしたら!
まあ、ニックンったらギターとピアノまで弾けるんじゃないのさー。
なんで今まで黙ってたの~。(ワタシが知らなかっただけね)

楽器が弾ける男子にこれまた弱いワタシ。
(今回はリンクだけ)

NichKhun singing in English

Nichkhun Solo "More than words"

nichkhun..i'm yours!!xD

2PM NichKhun singing Nothing Better

う~ん、LOVELYボイス。でも、やはりどこか男らしくも感じて。

英語のミディアムテンポの曲だと、これまたピッタリ。
最後のハングルの曲も上手だね。


ときどきこうしてお披露目していたことをワタシは知らなかっただけだけど、こんな才能があったなんて驚いた。
「能ある鷹は爪をかくす」というか、普段からその才能を商売に使っていこうという姿勢ではなくて、彼の基礎体力として温存しているというのがカッコいい!


あーー、いっくら練習しても指ガチガチで上手くならないワタシのギター。
もっとがんばろっと。ボケ防止に。
[PR]
by jaozu | 2012-02-27 14:34 | 2PM

感動しちゃった

土曜日に放送された、2PMのさいたまでのコンサート。

今回ライブを初めてほぼ通して見て、「6人が6人ともすごいエンターテイナーだなー」っと、思わずjaozuはうなってしまいました。

んで、いちばん感動したのが、『離れていても』。

ライブ常連のペンのかたにとってはベタな答えかもしれませんが、ライブに一度も行ったことない、テレビで見たライブも昨夏のJYPコンやダイジェスト映像くらいだったので、彼らがこんなにバラードをしっとりと歌い上げることにまずビックリしました。



出だしのテギョンとニックンにまずドキっとした。
CDでも低音&甘い声でいいな~と思ってたけど、これまたビジュアルが加わるとこんなにしびれるもんかと。
ワタシ、このニックンの声、大好き~^^
ほかのみんなの生歌声も期待を裏切らなかった。

あれだけ踊れて歌えて、おまけに愛嬌もたっぷりで。
みんなのアイドルに徹しているところがいいっ!(これ大事)
見えないところで血がにじむような努力をして、いとも容易にこなしているかのように皆をにこやかに楽しませる・・・まるで白鳥のようだね。
いや、すごい。あらためて好きになっちゃいました。


そんでもって、この場面の映像は韓タメポップでも放送されましたけど…
あのシーンはこういう状況からの展開だったんですね。



こうして見ると、アリーナ席ってホント近いんだね!いいなー。

最後のメンバー一人一人のメッセージ、みんな気のきいたいい言葉を言っているね。
練習してきたにしても、あの状況でスラスラと言えるってすごい。
「皆さんがいて僕たちがいます」っていうテギョンの言葉・・・拍手!


ワタシは、男の子たちの涙に非常に弱い。
この動画を見て、あらためてもらい泣き。



自分が作った曲がこうしてみんなに歌われて、ジュンスは本当に感激したんだろうなあ。



・・・やばいやばい、またライブ行きたい病が再発しそうだ。おさえろおさえろ。

これらの動画も削除されちゃうんだろうな~。今のうちにいっぱい見ておきましょう。


そうだ。お兄さんたち6人がもうすぐお帰りです!
かわいい6人組にうっとりしてる場合ではございませんでした。
でもこれからは、新旧の6人組両方に楽しませてもらえそうです。
今年はどんなお楽しみが待っているんでしょう^^
[PR]
by jaozu | 2012-02-27 10:13 | 2PM

いよいよ帰ってくるぞ

とりいそぎ、ペッタン。



みんぼんのお帰りを待つのみ。

ここんとこツイてないこと続きの私にも、なにか楽しいことがないとね。
テンション、あげてこー。
[PR]
by jaozu | 2012-02-03 17:37 | SHINHWA